放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスの役割

平成24年4月1日に施行された児童福祉法の改正により、身近な地域で支援を受けられるよう、それまで障害種別等に分かれていた障害児施設(通所・入所)について「放課後等デイサービス」の制度で一元化されました。(厚生労働省資料はこちら

当事業所「たまみずき」では、厚生労働省令に基づき、障がい児童に対し日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練その他省令で定める指導を行います。主に放課後での活動になるためいわゆる「放課後活動」的な側面もございます。

利用対象者は、療育の観点から個別療育・集団療育を行う必要が認められる小1~中3までの児童です。 特に「愛の手帳」などをお持ちでなくても、必要と認められれば利用することが可能です。

ご利用に際しては、あらかじめご登録が必要となります。個別に面談を行い、お子様のご様子などをお伺いさせていただきますので、ご利用を希望される場合は、ご登録手続きをお願いいたします。

たまみずきでは中学生までの児童を対象としています。

たまみずきの1日

  1. 学校が終わります。
  2. 下校時間に合わせて学校まで車でお迎えに行きます。
  3. およそ17:30まで、施設で集団活動療育・訓練を行います。
  4. 16時頃おやつをみんなで食べます。
  5. 17:30に送迎の車に乗って、ご自宅に向かいます。
  6. 遅くても18:30にはすべてのお子様をご自宅に送り届けます。

詳しくは利用方法の利用時間・ブログアップ時間をご覧ください。

ご家庭とのやりとりにたまみずきでは連絡帳を利用しています。その日の様子やおやつを食べたかどうかなど記録してご家庭との連携を大事にしています。

Posted by admin